バナー

お金を借りる時は利息制限法での上限金利以下で借りるのです

お金を借りる時は、利息制限法での上限金利以下で借りるのです。
金融機関はそれ以上の金利で一般の人に貸すことはできないのです。


しかし、それは法律改正後の話であります。

法律改正前では利息制限法以上でお金を貸すことができたのです。

借りる側が契約の際に了解すれば、金融機関は貸すことができるのです。

しかし、実際には借りる側の弱みに漬け込んで高金利でお金を貸しているのです。過払い金を生むのが違法金利と本来の金利との差が原因なのです。


いわゆるグレーゾーン金利なのです。法律の改正により過払い金は金融機関に対して請求ができます。
しかし、個人での請求はなかなか金融機関は素直に返金しません。

違法な金利でありながらも金融機関への返金の義務が無いからです。


しかし、大手サラリーマン金融による過払い金の団体訴訟において返金の判決があったことから過払い金は、大手サラリーマン金融については返金の機運があります。しかし、まだまだ、過払い金はあります。

中小のサラリーマン金融などや、団体訴訟以外のケースなのです。
もちろん自分に過払い金があることに気づいていない人もいるのです。



お金を借りる際の契約書に金利が書かれているので、そこではっきり分かりますが、契約書がない時ですと、支払い明細、残高明細などの書類があれば分かるでしょう。

翻訳を積極的に利用する人に、オススメの翻訳に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。



それらもない時でしたら、5年以上サラリーマン金融に借金を返済しているのであれば過払い金が発生していると考えていいでしょう。

書類がない時でも金融機関に対して確認依頼をすることができます。個人でするのは大変ですので、借金問題に詳しい、司法書士、弁護士に代理で依頼するのもいいかもしれません。
法律の専門家でもありますので、金融機関に対しての違法性を指摘して返金の請求をしてくれます。



過払い金は過去に完済した借金に対しても請求できます。


ただし、最後に支払いしてから10年が期限になりますので実に覚えがあるのであればすぐに専門家に素運談しましょう。

遺産相続の弁護士に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

京都の相続に関して悩んだら、是非お試し下さい。

インターナショナルスクールの価値ある情報を探してみてください。